アウトサイドベット(Outside Bet)とは?|オンカジ用語集

アウトサイドベットとは?

アウトサイドベット

アウトサイドベットとは、ルーレットの賭け方を表すカジノ用語です。

直接数字に賭けず、色や列などのグループに対して賭ける方法のことで、当たる確率が高い分、配当の割合が低い戦法です。

賭ける方法にはいくつか種類があり、どの方法も当選確率を「1/2」もしくは「1/3」に絞り込むことができます。

ただし、アウトサイドベットの場合は「0」や「00」が出た場合は即座に負けとなります。

ゲームによっては大丈夫な場合もありますが、基本的には負けとなるので事前にルールを確認するようにしましょう。

アウトサイドベットは初心者向きの戦法

アウトサイドベットは大当たりを出せる戦法ではありませんが、分かりやすく単純な方法なので初心者におすすめです。

これからご紹介する5つの方法を是非試してみてください。

戦法 種類 賭け方 配当
Column(コラム) 1列12点賭け 1~34の列 or 2~35の列 or 3~36の列 3倍
Dozen(ダズン) 1ダース12点賭け 1st12 or 2nd12 or 3rd12 3倍
Hi Low(ハイロー) 前半後半賭け 1to18 or 19to36 2倍
Odd Even(オッドイーブン) 奇数偶数賭け 奇数(ODD) or 偶数(EVEN) 2倍
Red Black(レッドブラック) 赤黒賭け 赤(Red) or 黒(Black) 2倍
おすすめの記事