スタッド・ポーカー(Stud Poker)とは?|オンカジ用語集

スタッド・ポーカー(Stud Poker)とは

スタッド・ポーカー

スタッド・ポーカー(Stud Poker)とは、プレーヤーが手札のカードの何枚かをオープンにする形式のルールのことです。

何枚オープンにするかはルールによって異なります。

最初に決まった枚数のカードがそれぞれのプレーヤーに配られるので、プレーヤーは自分の手札を確認します。

その後、ラウンドごとにオープンな状態でカードが配られ、プレーヤーはベットかフォールドなどの判断をします。

そして最終ラウンドが終わったら手札を公開して勝敗を決します。

また、スタッドポーカーでは配られたカードを交換することはできません。

スタッド・ポーカー(Stud Poker)の手順

基本的にスタッドポーカーのテーブル上には、ANTE(アンティ)・BET(ベット)・JACKPOT(ジャックポット)と、チップを配置する場所が全部で3カ所あります。

ANTE(アンティ)にチップを置く

プレイヤーはゲームに参加するという意思表示をするために、テーブル上のANTE(アンティ)にチップを置きます。

続いて、ディーラーは数字を伏せた状態の5枚のカードをプレイヤーに配り、自らにも5枚を配ります。

このとき、ディーラーのカードの5枚のうち1枚は数字が見えるように表に向けられます。

手役を確認してBET(ベット)にチップを置く

プレイヤーは自分の手役を確認してから勝負するかしないかを判断します。

もし勝負できると判断した場合、さらにBET(ベット)にチップを置きます。

このとき、BET(ベット)に置くチップは必ずANTE(アンティ)に置いたチップの2倍になるようにしないといけません。

逆に、自分の手札が弱く勝ち目がない・勝負ができないと判断した場合は、5枚のカードを伏せてディーラーに返すこともできます。

ただし、この場合はANTE(アンティ)に賭けた金額は没収されます。

ディーラーの手の確定

プレイヤーが「勝負する」または「勝負を降りる」ことを決めた後で、ディーラーは自らの手を明らかにします。

スタッド・ポーカー(Stud Poker)の特徴

スタッド・ポーカー(Stud Poker)の特徴は以下の通りです。

見えているカードから役を読む

ドローポーカーから発展したスタッドポーカーでは、一部のカードは自分にしか分からず、残りのカードは開示されて相手も見える状態となっています。

従って、見えているカードの良し悪しからある程度は相手の役が推測できるため、ドローポーカーとは駆け引きの質が変わります。

相手の役に関する情報がまったく何もないドローポーカーよりも、見えているカードから目処を立てつつ「あの裏向けのカードは何だろう?」と思い巡らすスタッドポーカーの方がゲームとしては分かりやすいです。

ポジションによる有利不利がない

スタッドポーカーはポジションによるメリットがないポーカーゲームです。

ポジションとは座席の位置で、一般的にポーカーでは規定された順番に賭けたり降りたりのアクションを判断していきます。

ポジションが決まっているゲームでは、順番が先のプレイヤーほど不利で、後のプレイヤーほど有利でとなります。

後のプレイヤーほど相手のアクションを考慮したうえで自分の選択ができるからです。

スタッドポーカーでは、最初に裏向けのカードと表向きのカードが何枚か配られます。

最初のアクションを行う順番は、表向きのカードの強弱で決まります。

全員がアクションを終えると次のカードが表向きで配られ、またそのカードの大小でアクションを行う順番が決まります。

このように毎回状況に応じてアクションの番が変わっていくので、順番による有利・不利がありません。

スタッド・ポーカー(Stud Poker)の役

スタッドポーカーの役は通常のポーカーと同じです。

セブンカードスタッドの場合は7枚のうち強い役が選択されます。

スタッド・ポーカーには9つの役があり、上から順に強いハンドとなります。

また、同じハンドの場合はより強いカードを含む方の勝ちとなります。

Aが一番強いカードで、その後はK→Q→J→10、、、2と数字が大きい順となります。

ストレートフラッシュ

5枚が連番で同じ柄となった場合、ポーカーでの最強ハンドであるストレートフラッシュとなります。

中でも最も強い「10・J・Q・K・A」の組み合わせをロイヤルストレートフラッシュと言います。

フォーカード

同じ数字のカードが4枚揃った場合、フォーカードとなります。

フォーカード同士の場合は、フォーカード部分の数字が大きい方が勝ちになります。

同じ数字だった場合は、残りの1枚の数字が大きい方の勝ちになります。

フルハウス

3枚の同じ数字と2枚の同じ数字の組み合わさったものがフルハウスとなります。

フルハウス同士だった場合は、スリーカード部分の数字が多きい方の勝利です。

スリーカード部分まで同じ数字だった場合は、ワンペアの部分の数字を比較します。

フラッシュ

同じ柄のカードが5枚揃うとフラッシュとなります。

フラッシュ同士だった場合は、より強いカードを持っている方の勝利となります。

一番強いカードから順に比較していきます。

ストレート

5枚のカードが連番だった場合、ストレートとなります。

A→2→3→4→5、10→J→Q→K→Aはストレートとして成立しますが、K→A→2→3→4の様に、K→A→2を含む並びは連番として認められずストレートは成立しません。

同じストレートだった場合、連番の最後の数字が大きい方の勝利となります。

スリーカード

同じ数字のカードが3枚揃った場合、スリーカードとなります。

スリーカード同士だった場合、スリーカードとなっているカードの数字が大きい方の勝利となります。

スリーカードの数字が同じ場合、残りのカードのなかで一番大きい数字のカードを持っているプレイヤーの勝利となります。

ツーペア

同じ数字のカードが2枚あった場合ワンペアとなりますが、そのペアが2組あるとツーペアとなります。

ツーペア同士だった場合、ペアとなっているカードの数字が大きい方の勝利となります。

ペアの数字が同じ場合、残りのカードのなかで一番大きい数字のカードを持っているプレイヤーの勝利となります。

ワンペア

同じ数字のカードが2枚あった場合、ワンペアとなります。

ワンペア同士の場合、ペアとなっているカードの数字が大きい方の勝利となります。

ペアの数字が同じ場合、残りのカードのなかで一番大きい数字のカードを持っているプレイヤーの勝利となります。

ハイカード

何の組み合わせも成立していない5枚のカードです。

ブタとも言われます。

プレイヤー全員がハイカードの場合、より強いカードを持っているプレイヤーの勝ちとなります。

一番強いカードが同じ場合、2番目に強いカードを比較します。

コミュニティーカードは共通で持っているカードなので、実質的にホールカードの2枚を比較することになります。

用語一覧

ランダムな数字を選ぶ機械のこと。 スロットのヒット率や返還率のコントロールなどの役割を担っている。
カジノ・ホテル・劇場・MICE施設・ショッピングモールなどが集まった複合的な施設のこと。
直接数字に賭けず、色や列などのグループに対して賭ける方法のことで、当たる確率が高い分、配当の割合が低い戦法のこと。
ブラックジャックでディーラーが1枚だけ見せているカードのこと。
1から36までの数字に加えて「0」と「00」をあわせた38スポットのルーレットのこと。
掛け金と同じ額の配当をもらえる賭け方のこと。
ルーレットで数字の上や数字をまたがって賭ける方法のこと。
ルーレットで使われるすり鉢状の回転盤のこと。
オンラインゲームのソフトウェア及び提供機関の審査を行っている会社のこと。
ゲーム事業に従事する香港の投資持株会社のこと。
最初に配布されたカードの数字が同じ状態になっていること。
アメリカのラスベガスで最大級の勢力を誇るカジノグループこと。
手持ちのチップ全てをベットすること。
開始時に置いた最初の賭け金のこと。
ブラックジャックの必勝法と呼ばれている戦法のこと。
カードゲームにおける専門家のこと。
ディーラーとプレイヤーに1枚ずつ配られたカードの数の大小で勝負がつく単純明快なトランプゲームのこと。
世界最古のカジノのこと。
海外では一般的なカジノを含む統合型リゾートを日本でも合法的に導入しようとする法案のこと。
安いチップをより高いチップに交換すること。
トランプを使ったカジノゲームの一種のこと。
専用の用紙にベット額や予想する数字を記入する形で賭けるカジノのこと。
香港に本社を置く世界有数のリゾート・ホスピタリティ・ゲーミング企業の1つのこと。
ハイローラーの中でも特に資金を有する超富豪な顧客のこと。
ラスベガスのみならず世界中のカジノにおいてブラックジャック・ルーレット・バカラと並び広く行われているゲームのひとつのこと。
プレイヤーとディーラーの1対1の勝負で、それぞれのプレイヤーに配られた5枚のカードから4枚を選び、手役が高い方が勝ちとなるカードゲームのこと。
ポーカーをプレイするときに選択するアクションの1つのこと。
ゲームに参加した人たち全ての共通持ち札のこと。
宣言することで、賭け金総額を没収されることなく、半額戻しを受けることができるというルールのこと。
3つのサイコロの出目の合計または組合せを当てるゲームのこと。
ギャンブルにおける大当たりのこと。
世界各国の富裕層をカジノに招待して航空券やホテル、滞在中の移動や食事などを世話する職業のこと。
カジノのクラップスにおいてテーブル全員のプレイヤーを代表してダイスを投げる人のこと。
プレーヤーが手札のカードの何枚かをオープンにする形式のルールのこと。
カジノのブラックジャックで、現在の点数のままで留めるときに選択する行動のこと。
同じ数字のカードが配られたときにハンドを2つに分けることができるアクションのこと。
競馬・野球・バスケットボール・フットボールなどの様々なスポーツの勝敗結果を予測する賭けのこと。
プレイヤーとディーラーの1対1の勝負で、配られた3枚のカードの合計が高い方が勝ちとなるカードゲームのこと。
カジノのブラックジャックで最初に配られた2枚のカードから、あと一枚だけ引くことを条件に賭け金を最大2倍にまで増やせるルールのこと。
オーストラリアに起源をもつカジノゲームの一種のこと。
賭け金の上限と下限を定めたもの。
「失格」や「負け」を意味するカジノ用語のこと。
手のひらを使ってチップやカードを隠し持つチーティングの一種のこと。
ゲームに参加するために必要な金額のこと。
それぞれのゲームにおいて本来当選する確率よりも少なく見積もった倍率で実際の配当を行い、その差額をカジノ側の利益とするもの。
カジノの王様と呼ばれるカードゲームのこと。
おすすめの記事