イーブンマネーベット(Even Money Bet)とは?|オンカジ用語集

イーブンマネーベットとは

イーブンマネーベット

イーブンマネーベットは、カジノにおける配当方法のひとつです。

カジノの中でも特にルーレットで採用されていて、「Bet」は掛け金、「Even」は同等といった意味です。

従って、掛け金と同じ額の配当をもらえるという意味です。

例えば、ルーレットにおいて ”赤/黒”・”奇数/偶数”・”前半/後半” の賭け方はイーブンマネーベットです。

日本と海外では配当の考え方が違い、日本では賭け金が2倍になるという意味に対して海外のカジノでは1の賭け金に1の配当(イーブン)を払うという意味になります。

配当を受け取る側の目線の日本に対して支払う側のカジノ目線なのが海外となっています。

ブラックジャックとイーブンマネーベット

ディーラーのアップカードがエースであり、自分のハンドも21のブラックジャックの場合に選択できるオプションとなります。

自分のハンドが21のブラックジャックでも、ディーラーのアップカードがエースなので、ディーラーもブラックジャックになる可能性が高いと考えます。

仮に、ディーラーが21のブラックジャックになれば、プッシュとなり、配当は0になります。

ここで、引き分けになることを想定してイーブンマネーベットを選択します。

イーブンマネーベットは最初の掛け金の半額で選択できます。

ディーラーがブラックジャックとなりプッシュとなった場合、イーブンマネーで掛けた金額の3倍の金額を獲得することができます。

また、通常ブラックジャックでプレイヤーが勝利すると払い戻し額が2.5倍となりますが、イーブンマネーベットを選択している場合は、払い戻し額が2.0倍になります。

つまり、イーブンマネーベットを選択すると、いずれにしても最初の掛け金の2倍の払い戻しとなります。

おすすめの記事